2018-09-19

挫折は実は自分を成長させる絶好の機会なのです。

仕事をする上で失敗をしてしまい、挫折を味わうのはよくあることです。しかし、そのことがきっかけで自分は何をやってもだめだと自信を失い、仕事に対しての意欲をなくしてしまう人もいます。そして、せっかく入社したのに志半ばで仕事を辞める人もいるのです。それは非常にもったいないことです。
誰でもいきなり失敗を経験せずに仕事ができるようになるわけではありません。始めからうまくいくことはなく、失敗や挫折を繰り返して成長していくのです。失敗をするからこそ自分の悪い点に気づくことができ、そこから直すことができるのです。そう考えると、むしろ失敗を経験した人の方が長い目で見てうまくいきます。
とはいえ、ただ失敗に気づいて反省するだけではいけません。そこからどうすれば次はうまくいくのかを試行錯誤して実行することが大切なのです。
失敗を悪いものだと決めつけていつまでもクヨクヨと思い悩んでいても時間が過ぎていくだけです。同じ時間を過ごすなら、失敗に落ち込むのではなく成長のきっかけを与えてもらったと感謝をするようにしましょう。そうすれば失敗や挫折は何も怖くありません。
怖がっていると行動が制限されてチャレンジをする機会を失ってしまいます。失敗をどんどんして成長していこうと考えて仕事を行えば、やりがいを持って前向きに働くことができます。そうすれば、後々になって過去を振り返った時に、失敗の経験が自分にとって宝物になるでしょう。
更に詳しく挫折からの成長について書かれているサイトがありましたので、ぜひこちらを参考にしてみてください。